婚約指輪に決まりはありません。二人の新しいスタートの印です。

婚約破棄したら指輪はどうなるの?

婚約指輪をもらったら悪い気がする女性はいないと思いますが、中にはやむを得ない事情で婚約指輪を受け取った後に婚約破棄となってしまうケースもあります。

婚約指輪は給料の3ヶ月分とも言われるように、高価な品物ですから婚約破棄に至る原因によっては事情も変わってきます。

地域性などもありますが、今は結納や仲人などあまり堅苦しい事はせず、婚約指輪だけ贈るという事も多いのですが、婚約破棄になった原因が男性側にある場合は、婚約指輪の返還請求は認められないケースが多いようですね。

仮に男性に原因があるのに返還請求をしても、それは受け入れられず女性にも返還義務はありませんので、指輪は買取店などで買い取ってもらうのが一般的です。

女性側に原因がある場合は、男性から返還請求されたら女性は返還請求に応じる事になりますが、ケースバイケースな部分もあるので、中には返還しない事もあります。

双方合意で婚約破棄した場合は、婚約指輪は返還するのが一般的であり、結納返しがあった場合はそれも返還する事で、丸く収まるといったところのようです。

しかし身につける物は身近にはおいておけないので、売り払う事になります。

あまり縁起のいい話ではありませんが、もしも自分がこのようなケースになった時に知識として身についていれば、大騒ぎにならずに済みますしスマートな対応ができます。

時代とともに結婚に関する意識は変わっていますが、こういうところは昔も今もあまり変わらずといったところのようです。