婚約指輪に決まりはありません。二人の新しいスタートの印です。

プロポーズに婚約指輪はなくてもいい?

価値観の多様化と言われている今、婚約に婚約指輪を贈らないというカップルも増えてきています。

女性に金属アレルギーがあって指輪ができないという方もいらっしゃいますが、中には、婚約指輪は無駄だからいらないとい方もいらっしゃったりします。

結婚の意思はあるし、約束もしているけれど、証しとしてはもっと違うものが欲しいということですね。

例えば、ネックレスやペンダントといったアクセサリーや中には雑貨でいいという方もいらっしゃるようです。

また、ブリザーブドフラワー(参考URL》http://www16.plala.or.jp/coquillage/coquillage.meritto.html)のようなお花がいいという方もいらっしゃいますね。

そしてさらに、女性の方でも婚約指輪にお金をかけるよりも、その後の二人の生活でともに長く愛用できるものにお金を使いたいという希望が強くなってきているということもあります。

どちらにしても、こういったことで重要なのは、彼女が結婚の約束の証としてどのようなものを喜んでくれるかということをリサーチしておくこと。

彼女の希望に合ったものなら、きっとどのようなものでも喜んで結婚を心待ちにしてくれることでしょう。

とはいえ、女性としてはやはり、一生の記念になるのだから指輪が欲しいという気持ちは多少なりともあるものではないかと私は思いますが…。