婚約指輪に決まりはありません。二人の新しいスタートの印です。

婚約指輪に選ぶ指輪は、どんなもの?

婚約指輪に選ぶ指輪なら、宝石はダイヤや誕生石と言われていますが、それは決まっているというものではなく、あくまでも一つのスタイルにすぎません。

彼女がダイヤモンドが欲しいと思っていらっしゃる方ならダイヤモンドがよいでしょうし、誕生石なら誕生石、その他の石でもいいという方もいらっしゃるでしょうし、もしかしたらデザイン重視で石はなくてもいいという方もいらっしゃるかもしれません。

ですから、婚約指輪に使う宝石は何にするかということは、さりげなく彼女に聞いてみたり、話し合ってみたりする方が外れないでしょう。

婚約指輪を選ぶ時に気になるのは、宝石も確かにそうですが、日常的に身につける指輪だけに、指との相性ということもあります。

指が短いとか関節が太いなど、女性は自分の指に対して多少なりともコンプレックスがあるものです。

ですから、婚約指輪を選ぶ時には、その短所をいかにカバーするようなデザインかということにも配慮すると、女性は喜ぶでしょう。

例えば、指が短いことが悩みという方には、V字やU字のデザインがよいでしょうし、間接が太いという方にはまわってしまってもデザインに変化がない、石がないものもしくは全周にデザインがされているものがお勧めです。